診療内容
TREATMENT

  • 内科一般

    かぜ(風邪)、悪寒・発熱、くしゃみ、鼻水・鼻詰まり、鼻炎、せき(咳)、発熱による関節痛 、腹痛、げり(下痢)、吐き気・嘔吐、食あたり・食中毒、便秘、胃痛、二日酔い、胸焼け、胸の痛み、頭痛、肩こり、慢性疲労、息切れ、めまい(眩暈・目眩)、動悸、高血圧、ぜんそく(喘息)、アレルギー、じんましん(蕁麻疹)、インフルエンザ、熱射病・熱中症、風疹、みずぼうそう(水疱瘡)、花粉症、睡眠時無呼吸症候群
    お気軽にご相談下さい。

  • 内視鏡

    内視鏡写真

    世界的に見て私達日本人は 胃や腸のガンの発症率が非常に高い民族です。早期発見が最も重要であり、予防・治療に最も効果的な 医療が内視鏡(胃カメラ・大腸内視鏡)です。 当院では、ガンの早期発見の為に、画像強調内視鏡システムを用いています。
    希望があれば鎮静剤を用いて楽に検査させて頂きます。
    経鼻内視鏡検査も行っております。

  • 大腸カメラ・日帰り大腸ポリープ切除

    検査は肛門から内視鏡を挿入する方法で行います。ポリープなどが見つかり、内視鏡的に処置が可能な状態であれば、直ちに治療を行います。以前は手術しか治療法がなかった癌でさえも、早期であれば内視鏡による粘膜切除術という方法で治療が可能です。

    当医院では大腸検査の際にポリープを認めた場合,可能な限り内視鏡的に切除いたします。切除の際にできた穴は内視鏡的に縫って閉じますので,通常は入院の必要はありません。

  • エコー検査(腹部エコー・頚動脈エコー)

    エコー写真
    腹部エコー
    基本的に無侵襲なため繰り返し被爆の心配もなく検査ができます。主に肝臓,胆嚢,総胆管,膵臓,脾臓,腎臓を検査します。
    頚動脈エコー
    超音波によって、からだの外から、血管の中の状態をみることができます。
    これにより、動脈硬化の診断が可能です。
  • デジタルX線

    デジタルX線写真

    当医院ではデジタルX線を導入しており、鮮明に検査が行えます。また、従来のX線に比べて約4分の1程度の放射線量しか浴びなくて済みますので患者様への被爆線量をかなり軽減する事ができます。またイメージデータをコンピューター上で濃度調節・拡大縮小等の作業が行えますので、より細かい検査が可能です。

  • 心電図・動脈硬化度検査

    心電図写真

    心臓の状態をチェックするために使います。安静時や運動負荷時の心電図検査を行うことが可能で、循環器検査や心臓病の診断に用います。またデータをデジタル保存できるので、過去のデータとの比較ができ変化を見つけることが出来ます。
    血管の硬さ、血管年齢、血管の詰まりも測定できます。

TOP